2015年3月2日月曜日

3月2日 UNIQLOを使ったネイビー×レッドのガーリースタイルと月のファッション費から絶対値の考え方の話

3月になったから少し暖かいのかな

Outer/IENA
Jacket/UNIQLO
Cardigan/UNIQLO
Bottom/MUJI
Bag/L.L.Bean
Shoes/UR

赤×ネイビーコーデ


MEN ダウンベスト+E

http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/127891-69


ダウンベストいろいろ


 
  


フォーマルにもカジュアルにも使えるネイビートレンチたち

 
  


真っ赤なカーデ

  

ネイビーのフレアスカート




赤いL.L.Bean↓
 


赤いイヤリングが映えるカラーリング


新作のイヤリングです♪

珊瑚のイヤリング

赤いアクセサリーって私はかなり使いやすいと思っています。
なにせ肌が白く見えるのがいい!!

色もののお洋服が無いときなどコーディネートのさし色にも使えるし。
オススメカラーです♪


色違いもいっぱいです

ターコイズのイヤリング


ターコイズイヤリング(グリーン)



マザーオブパールイヤリング(ベージュ)


レッドアベンチュリンイヤリング


マザーオブパールのイヤリング

手元はブルー


エンジェライトとダークウッドビーズのバイカラーブレスレット


シルクリボンのネイビーは今は取り扱っていませんが、別のお色は出品中です。

 グレーシルクリボンとシルバーお花チャーム


パープルシルクリボンとシルバーお花チャーム


チョコシルクリボンとブロンズお花チャーム


モコーデオリジナルハンドメイドブレスレットはSENBAオンラインショップは↓



SENBAFacebookページはこちら↓
新作の情報をお届けします。
https://www.facebook.com/SENBA.japan



モンディーンの時計いろいろ

   



足元は冷えないようにロングブーツ


ロングブーツ













表紙を観るだけで買いたくなる春色雑誌
今月はこの2冊



パラパラ流し読み

そこに

『Domani世代のリアルを読み解く ファッション白書』

という特集がありまして、いろんなアンケート結果がずらり

その中で1か月にかけるファッション代の項目に違和感


え?月5万??多くね??

女性の2014年平均年収は354万
Domani世代と言われるアラフォーで37歳でみても399万円

2013年度0ricon調べによると
1カ月の洋服代にかけるお金は、10~20代が 平均 6,292 円、30~40 代が平均 10,708 円となっている。これを小遣いに対する比率にすると、10~20 代は、1 カ月の小遣いが 平均23,087円なので 27.3%、30~40代は平均45,768円なので 23.4%と、10~20代の方が小遣いに占める洋服代の比率が 高くなっていることがわかった
とのこと。

月に5万ファッション費だと年間60万の支出
これを平均年収で考えると年収の15%をファッション費に割いていることになる。

一方で年収400万の家賃平均は8.3万円

どう考えても月5万もかけていいのは年収600万以上の女性だと思われます。


では年収600万以上の女性ってどんだけいるの??

で、調べたところ↓のグラフを見てみると全体の5%くらいしか存在しない人たちなんですよね。









階層
男性(単位:万人)
男性割合(%)
女性(単位:万人)
女性割合(%)
100万円以下
88.4
3.2
333.1
17.6
100万円台
205.1
7.5
493.3
26.1
200万円台
370.3
13.4
411.7
21.8
300万円台
515.0
18.7
294.3
15.6
400万円台
471.7
17.1
168.4
8.9
500万円台
357.1
13.0
90.2
4.8
600万円台
232.4
8.4
41.0
2.2
700万円台
164.5
6.0
23.4
1.2
800万円台
110.3
4.0
12.5
0.7
900万円台
69.8
2.5
7.2
0.4
1,000~1,500万円
124.3
4.5
12.5
0.7
1,500~2,000万円
26.7
1.0
2.5
0.1
2,000~2,500万円
7.5
0.3
1.0
0.1
2,500万円越
10.4
0.4
0.9
0.0



(出典:http://nensyu-labo.com/heikin_kaisou.htm)



で、何が言いたいかって言うと

世の雑誌って、この数%の女性に向けた金銭感覚の集大成なんです。
何冊もの雑誌がこの小さい市場を食い合っているんですよね。



ここ数年話題のvery妻しかり、憧れによる消費の促進をメディアが煽っているということ。
また、キュレーションメディアが増え、私のようにアマチュアライターも気軽に記事が書ける時代。

『これ流行ってます』
『こっちも流行ってます』
『あれが旬です』
『これも旬です』

って、様々なところから根拠のない情報がたくさん流れてくる世の中です。

とすると、受け手のひとりひとりが情報を取捨選択できるリテラシーが必要になってくるのだろうと思います。


そんなとき私が大切だと思うのが自分の中の『絶対値』
現代の情報量は相対的に考えると矛盾が生じます。
自分の中に絶対値を持つことで情報を選択する軸ができると考えています。

わかりやすく言うと、

『隣のおうちは中古だけど、私の家は新築だからいい家』

『友人の彼氏はサラリーマン、私の彼氏は社長だから素敵な男性』

『彼女の指輪はガラス、私の指輪はダイヤだから価値ある指輪』


この価値観は相対値です。
相対値とは他との関係で成立します。


一方で

『植物の好きだから畑の隣に建てたこの家は素晴らしい』

『私の彼は嘘のない誠実な人柄で素敵な男性だ』

『この指輪は母から譲ってもらった思い出あるものだから価値がある』

これが絶対値
自分の中の判断基準で良し悪しを決めています。



情報が氾濫する世の中で流行を追うと身の破たんにつながるのではないかと私は恐怖すら感じます。相対的な価値観で選択した場合、周りが変わってしまうと自分の選択の価値も変わってしまう。だからこそ、自分を見つめて自分が何に価値を感じるのか知ること、これが絶対値となり必要な情報の取捨選択ができるのだと思います。


メディアが作っている情報は現実もあるけどファンタジーもいっぱい。

自分の置かれている状況の限られた資源でどう流行を掴み自分を魅力化するのか。


これからの素敵な女性に求められるのは、お金で着飾ることよりも選択した先にある工夫をこらした個性なんじゃないかな。




















最近、FacebookやTwitter、Google+ブログでは紹介しきれない気になるファッション情報を配信中です。
鮮度の高い情報が欲しい方。
よかったらフォローお願いします♪

  

日々の写真はInstagramで

★モコーデをもっと楽しむ★

コーディネートカタログを作成しました
過去のコーディネートをご覧になりたい方はこちらをご利用ください^^
Mokooode Style


※PC版でサイドにたくさんの情報ご覧いただけます。
よかったらご覧ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿